ただいまの時刻
 
 
文字の大きさ small middle large  
ログイン名 パスワード   新規登録の方はこちら
ようこそ〜
いらっしゃいませ〜。 もしよろしければ ユーザ登録しませんか?
メニュー
オンライン状況
54 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 投稿写真・動画・メディア集 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 54

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 1044
昨日 : 6558
今週 : 7602
今月 : 167239
総計 : 5650040
平均 : 1393
投稿写真・動画・メディア集 >> 静止画 静止画 > 風景写真 > 赤岳地蔵尾根にて

静止画 静止画 > 風景写真 > 赤岳地蔵尾根にて RSS
[<   蓮華・白池の紅葉 北アルプス「蓮華白池」 赤岳地蔵尾根にて 棚田と八ヶ岳 蓼科山にて 蓼科山・天祥寺原にて 丹沢・蛭ヶ岳   >]

赤岳地蔵尾根にて
赤岳地蔵尾根にて ( 366.4 KB )


赤岳地蔵尾根にて 高ヒット
投稿者 furaibou さんの画像をもっと furaibou    
タグ カテゴリ 風景写真     前回更新: 2020/9/8 12:31     写真・動画・メディア ファイルサイズ 366.4 KB
ヒット数 167   コメント数 0    

4 January 2020, 八ヶ岳・赤岳地蔵尾根より「横岳稜線」を望む
山歩きを何十年も続けていると、山の友は一人去り、また一人去り、そして自分自身も山から去る日が来るものだ。
昨年末、お世話になった山岳会OB忘年会に呼ばれたことがある。
どの先輩の顔もそれなりに年を重ね、近況を語りながら昔話に話を咲かせていた。
酒の勢いもあったのだろうか、一緒に山歩きを重ねた仲間から、冬の赤岳にもう一度立ってみないかと誘われて、ドキッとしてしまった。小屋泊まりの軽装による登山だが、冬山は天候が全て! 大丈夫なのかな?と思いつつ、軽く「付き合いますよ」と答えてしまった。後日、都合が悪くなったので止めようねとなったのだが・・。
白き冬の稜線に、今でも自分は立ち向かえるのだろうか?、重いテントを担いで単独で山に向かっていた。
悪天は去ろうとしていたが、早朝の行者小屋は厚い雲が広がり視界なし。
そんな中でも、若者は身支度を整えて続々と出発していく。爺様に出番はないな・・!
天気回復の気配を感じて、重い腰を上げた。
稜線に雪煙は舞っているが、青空は急速に広がりだす絶好の登山日和である。
白銀の横岳も、これから向かう赤岳、そして優美な羽を広げた阿弥陀岳も懐かしい景色である。
幾人もの若者に抜かれながら、勝手知った庭のようなもの、ゆっくり歩けば歩き通せるだろうと、私も登山者の仲間入りをしていた。




[<   蓮華・白池の紅葉 北アルプス「蓮華白池」 赤岳地蔵尾根にて 棚田と八ヶ岳 蓼科山にて 蓼科山・天祥寺原にて 丹沢・蛭ヶ岳   >]

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド


execution time : sec
登山おすすめアイテム
最近の写真・動画・メディア