ただいまの時刻
 
 
文字の大きさ small middle large  
ログイン名 パスワード   新規登録の方はこちら
ようこそ〜
いらっしゃいませ〜。 もしよろしければ ユーザ登録しませんか?
メニュー
オンライン状況
28 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが 山行日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 2242
昨日 : 2160
今週 : 4402
今月 : 13761
総計 : 8635367
平均 : 1803
TOP  >  山行日記  >  yamanba  >  未分類  >  白砂山

yamanba さんの日記

 
2012
5月 13
(日)
09:20
白砂山
本文

21012.05.13 強風&晴れ                  ルート軌跡図 
白砂山は、長野、新潟、群馬の三県にまたがっています。り登山口の野反湖(地蔵峠コース)からピストンで行ってきました。
早朝、山肌に雪が積もり過ぎておまけに風が強すぎて登るのを諦めていましたが、単独者が行くので、あわてて準備しました。
冬山想定していませんでしたので、服も靴も春用にカッパを羽織り、防寒対策をしっかりしましたが、ただ一つスッパツは良いだろうと言うことで装着しなかったのが仇となり雪が靴の中に入ったり泥だらけになってしまいました。
登りは、単独者の踏み跡を言ったのですが、途中、変な方向に行ったのでGPSで確かめ修正しながら堂岩山にたどり着き、そこからは稜線歩きなので、大丈夫でした。 単独者はここまで(堂岩山)だったようです。
ここからは踏み跡が無いので心細くなっていましたが八間山からのパーティ10人位が分岐の先で休んでいたので心強かったです。
堂岩山からの帰り気温が上がり踏み跡が不明瞭になり、右往左往してパーティの人に大変迷惑をおかけしました。
単独者の靴跡を巡っていたら迷ってしまい、GPSでショットカットしましたが、山の起伏を見ていなかったので尾根一つ分藪こぎをさせてしまいました。 すみませんでした。


より大きな地図で 白砂山 を表示

ハンノキ沢の橋が真ん中から折れて、水につかっている所が、凍っていた。短い足では飛び越えられず、軽アイゼン片方だけ付けて渡ろうとしたが、付けていない足が川に滑って落ちてしまった。体は落ちなかったのが幸いでした。

木に掛かっている雪が日差しで大きな氷になり落ちてくる。大きいものでソフトボール位大きく、それが頭や体に当り痛い。

やっと堂岩山に着きました。眼下には野反湖が見えます。

堂岩山少し先から、白砂山を望む。

鞍部から白砂山。稜線のアップダウンが続く、四〜五回位登ったり降りたりを繰り返す。

やっと、白砂山に到着です。風が強いが、晴天で展望よし

10人位の団体が来ます。

閲覧(39007)