ただいまの時刻
 
 
文字の大きさ small middle large  
ログイン名 パスワード   新規登録の方はこちら
ようこそ〜
いらっしゃいませ〜。 もしよろしければ ユーザ登録しませんか?
メニュー
オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが 山行日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 1401
昨日 : 1717
今週 : 4798
今月 : 54097
総計 : 4058066
平均 : 1078
TOP  >  山行日記

日記一覧

共有カテゴリー記事の抽出
当サイトに登録されている日記一覧
559件のうち1 - 30件目を表示しています。


[投稿日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
11月
10 (日)
カテゴリー  山行日記
北飛騨の中心、飛騨市古川の東にある山。この地の人たちの暮らしに深く関わってきた山で、 かつては古川祭りの終わった日には、「あとふき」と称し、この山に登って残りのごちそうを食べ、 ...
続きを読む |  閲覧(138)
11月
10 (日)
カテゴリー  山行日記
10年前の冬に登った山なので登山口変えて周回した。 今日は紅葉終わったブナ林をハイキング気分で登る。     猪臥山登山口 Map...
続きを読む |  閲覧(140)
11月
4 (月)
カテゴリー  山行日記
今日は帝釈山に登る予定でしたが登山口まで林道が崩落なのか2ヶ所も通行止めでグルグル何10キロも走ったが 結局駄目なんで、あきらめて温泉ヶ岳に変更。   ...
続きを読む |  閲覧(74)
11月
3 (日)
カテゴリー  山行日記
新潟と福島の県境線が、六十里越から南の毛猛山を経て大鳥岳、未丈ヶ岳北へと続いており、 昔は両山を合わせて「大鳥未丈ヶ岳」と称された。 この山は以前は大鳥鉱山の鉱石運搬や、ゼンマ...
続きを読む |  閲覧(69)
10月
28 (月)
カテゴリー  山行日記
屏風山(岐阜県)   笹平ルート登山口&駐車場 Mapcode: 98 352 527*74 岐阜県瑞浪市稲津町萩原1866 35.3513...
続きを読む |  閲覧(87)
10月
27 (日)
カテゴリー  山行日記
二ツ森山は大きな岩が沢山あるのでこれって名前はついてなかった。 頂上は開けていて景色最高です。東屋からは御嶽山や乗鞍岳が見えて 思ったよりもいい山です。 下山はコウモリ岩経由...
続きを読む |  閲覧(96)
10月
21 (月)
カテゴリー  山行日記
納古山(岐阜)     上麻生 中級コース登山口 Mapcode: 384 242 566*22 〒509-0401 岐阜県加茂郡七宗...
続きを読む |  閲覧(410)
10月
20 (日)
カテゴリー  山行日記
竜ヶ岳(三重) 天気は良かったのですが風が強すぎて山頂にあまり居られませんでした。気温:14°C   宇賀渓キャンプ場駐車場 500円 ...
続きを読む |  閲覧(398)
10月
6 (日)
カテゴリー  山行日記
標高 1,250.1m 雨乞いの山として名高く、山頂には九頭竜とイザナギノモコトを祀った二つの祠があります。 別所温泉からも登ることができ、別所では500年以上前から伝わる雨乞...
続きを読む |  閲覧(471)
10月
6 (日)
カテゴリー  山行日記
全山が鋸の刃のように切り立っており、信州の妙義山とも言われる。 独鈷山は古くから信仰の山として栄え、麓に広がる塩田平には前山寺、龍光院、塩野神社、中禅寺など多くの古刹があり、修験...
続きを読む |  閲覧(511)
9月
16 (月)
カテゴリー  山行日記
経ヶ岳(きょうがたけ)は、福井県勝山市と大野市の境にある標高1,625 mの山。 日本三百名山に選定されている。 山名の由来は1574年(天正2年)白山信仰の拠点である平泉寺の...
続きを読む |  閲覧(1396)
9月
15 (日)
カテゴリー  山行日記
銀杏福井県大野市の市街から見ると、西南方面にひときわ高くそびえる山。山名は中腹に銀鉱山があったことからの由来とされる。鉱山跡は登山口付近に標識と石垣跡が残る。 かつては積雪時のみ...
続きを読む |  閲覧(802)
9月
8 (日)
カテゴリー  山行日記
パノラマ台からの景観は素晴らしく 三方分山から正面の富士山、竜ヶ岳、雨ヶ岳、毛無山 南アルプス方面が見渡せます。 精進湖湖畔のパノラマ台登山口から1時間20分で登って こら...
続きを読む |  閲覧(545)
9月
2 (月)
カテゴリー  山行日記
高鳥谷山(たかずやさん)長野県駒ケ根市 気温12°~27° 曇り風強し 軽く頂上へと選んだ山ですが赤松林の登山道には 頂上直下まで鉄線やビニールテープがつ...
続きを読む |  閲覧(793)
9月
1 (日)
カテゴリー  山行日記
籾糠山は飛騨高地の中央部に位置する山で、山名は飛騨の匠伝説に由来する。 飛騨の匠伝説とは―― ~麓の月ヶ瀬の里に住む娘が、川面に映った月を掬って飲むと身ごもって男の子生まれた。...
続きを読む |  閲覧(432)
8月
25 (日)
カテゴリー  山行日記
平尾山・石割山 山梨県にある山で、山中湖の北側に位置する。 山名の由来は、山頂直下にある石割神社からで、石割神社には真っ二つに割れた大岩がある。 この岩の割れ目は通り抜け...
続きを読む |  閲覧(455)
7月
21 (日)
カテゴリー  山行日記
銭函天狗山 / ぜにばこてんぐやま (536.7m) 銭函天狗山>(ぜにばこてんぐやま)は北海道小樽市東端に位置する、標高536.7mの山である。 別名、銭天と呼ばれ、定...
続きを読む |  閲覧(419)
7月
20 (土)
カテゴリー  山行日記
積丹岳(しゃこたんだけ)は、北海道積丹町に位置する山。標高1,255.3m。 地形が急峻な積丹半島では唯一、登山道が整備されている。 このため夏は登山、冬は山スキーなどのレジャ...
続きを読む |  閲覧(416)
7月
19 (金)
カテゴリー  山行日記
黄金山 / こがねやま (739.1m) 北海道石狩市にある山。 ガスで展望なし、前夜の雨で泥濘旧道急登滑る。 距離は短いが急登であえぎながら登った。下山時、桑の実見つけ少し拝...
続きを読む |  閲覧(466)
7月
18 (木)
カテゴリー  山行日記
神居尻山(かむいしりやま)とは、北海道石狩郡当別町にある標高946.7mの山である。 山名はアイヌ語のカムイ・シリに由来しており、月形北部の樺戸山地に位置する。 山頂からは暑寒...
続きを読む |  閲覧(439)
7月
17 (水)
カテゴリー  山行日記
山頂標識には1,878.9mと書かれていますが、2等三角点は1,879.1m、そして最高地点は東側の丸い部分で1,883mです。 略称は、「ニセカウ」ということが多いと思うが、道...
続きを読む |  閲覧(440)
7月
16 (火)
カテゴリー  山行日記
緑岳 / みどりだけ (2019.9m) 曇り  昨年 赤岳、白雲岳登ってたので今回は大雪高原温泉から緑岳まで 事前に情報見てなくて緑岳山頂直下の岩場でナキウサギに遭遇もう...
続きを読む |  閲覧(491)
7月
15 (月)
カテゴリー  山行日記
芦別岳(あしべつだけ)は、北海道・夕張山地のほぼ中央に位置し、富良野市・芦別市・南富良野町にまたがる標高1,726 m、および北海道百名山と北海道の百名山に選定されている。 夕張...
続きを読む |  閲覧(457)
7月
7 (日)
カテゴリー  山行日記
日本三百名山のひとつ、山梨百名山にもなっています。  一等三角点のある山頂からの展望はありませんが、河口湖方面に少し下ったところに展望台があります。 ここから見る富士山は最高で...
続きを読む |  閲覧(459)
6月
17 (月)
カテゴリー  山行日記
満観峰の山頂には展望広場があり、南アルプス・富士山・静岡市街地・日本平・伊豆半島・駿河湾・高草山・御前崎の展望が広がる。 満観峠付近は東海自然歩道のバイパスコースの1つ「満観峰コ...
続きを読む |  閲覧(671)
6月
2 (日)
カテゴリー  山行日記
甘利山や千頭星山の登山口。 レンゲツツジの季節には広い駐車場もいっぱいになる。 ハイシーズンにはウィークデイに出かけると駐車も容易で、人込みも避けることができて、楽しめる。 ...
続きを読む |  閲覧(574)
5月
26 (日)
カテゴリー  山行日記
石川県白山市にある山で、白山の展望がすばらしい山。 春の雪解け期はミズバショウやリュウキンカなどが咲く花の山でもあるが、残雪が多く注意が必要。 バッテリー入れ替えてドローン...
続きを読む |  閲覧(688)
5月
20 (月)
カテゴリー  山行日記
鬼無里村(現長野市)にある東洋一の規模と言う奥裾花水芭蕉園の西に連なる山系の一つ中西山。 自然園入口からブナ林を行く登山道はほどよく整備され、急勾配の距離もそう長くないので比較的...
続きを読む |  閲覧(826)
5月
18 (土)
カテゴリー  山行日記
白鳥山(しらとりやま)は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰の最北端にある標高1,287mの山。 新潟県糸魚川市と富山県朝日町にまたがる。山姥山・上計呂山・寺山などの別称がある。 ...
続きを読む |  閲覧(784)
5月
13 (月)
カテゴリー  山行日記
大熊山は剱岳の絶好の展望台にも関わらずこれまでは登山道はなく残雪期にしか登れない山だった。 2010年(平成22年)に小曽谷の右岸側の尾根に登山道が整備され、近年多くの人に登られ...
続きを読む |  閲覧(813)
559件のうち1 - 30件目を表示しています。