ただいまの時刻
 
 
文字の大きさ small middle large  
ログイン名 パスワード   新規登録の方はこちら
ようこそ〜
いらっしゃいませ〜。 もしよろしければ ユーザ登録しませんか?
メニュー
Twitter
オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが 山行日記 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 1580
昨日 : 2556
今週 : 13865
今月 : 39161
総計 : 2066407
平均 : 670
TOP  >  山行日記  >  kazuo  >  山行日記  >  高時山(敗退)

kazuo さんの日記

 
2017
1月 15
(日)
19:40
高時山(敗退)
本文

中津川市の加子母地区から木曽越古道をたどり高時山へ

大雪で飛騨高山の山の予定が下呂に変更。
それでも雪多すぎてラッセルに疲れ敗退です。フカフカ雪はスノーシューやアイゼンか効きませんでした。

 

記録時間    07:29:30
平面距離   5.2km      沿面距離   5.5km
最高高度  1247m      最低高度  743m
累計高度(+) 662m     累計高度(-) 664m
平均速度  0.7km/h    最高速度    4.0km/h

 

駐車場&登山口 場所をGoogleMAPで確認する。
加子母 中津川市 岐阜県 508-0421
駐車地: 35.825530,137.259072
マップコード  772 196 194*23
https://www.mapion.co.jp/m2/35.721786,137.384224,16

 

 

 

木曽谷林道駐車地の三差路から出発です。
前夜からパラパラと雪が降っていました。朝方も少し降っています。

古道木曽越峠入口から林道をジグザグに歩いていきます。        
気温ー10℃で寒いです。

途中、ショートカットコース(登山道)がありますが体力温存の為林道コースで・・・。
八番観音。信仰の道。

林道から離れ沢コースに進みます。

途中の九番漢音。三面観音の湧水。
水が美味しいですね。

防波堤を越えると景色が替わり少し広いナダラカな斜面がなります。
この辺り綺麗です。雪が深いのでスノーシューを装着。

暫くで荒れた木曽谷を渡渉。
この辺りでスノーシューからアイゼンに履き替えます。

少し休憩したのちつづら折れの急傾斜を登っていきます。雪の中は階段になっているようで少し登り難くラッセルやトラバースで神経を使います。

急登が終わると十一番観音。
古道唯一の休憩所。ここで少々の休憩タイム、寒いのでチョットパンを口に入れ早々出発です。

加子母が見渡せるようだがガスで良く見えません。
やっと登り切るとまた林道が現れます。雪も深くて降雪も強くなったような。。。?

木曽谷林道上部はフカフカ雪で思うように進まない。
スノーシューに履き替えるが雪が軽すぎて圧雪しないし持ち上げるスノーシューが雪で重たく、壺足の方がまだマシなようだ。

林道終点からバリエーションルートへ。急斜面の登り易い所を選んで登るが雪の中の笹薮や木々が邪魔して思うように登れない。
この辺り右カーブ手前で左の山道へ行けばよかったみたい標識が雪で隠れていて判らず無念。

登山道も見つけられず、雪の藪漕ぎに疲れ山頂断念。引き返します。

山頂方向の景色。チョット吹雪いています。

稜線伝いに戻ります。帰りは速いですね。

林道終点に戻りました。
相変わらず山頂付近はガスっていますね。

林道を少し戻ると道路脇に古びたトイレがありました。この辺りから登るようなルートだったのかもしれません。行き過ぎたのかな?

林道から急斜面を降り休憩所に戻って来ました。
ココから急に温度が上昇し少し暑いくらいです。

ダムの防波堤を越し、また林道を下ります。

七番観音。駐車地に戻った頃には快晴になっていました。
道路は車が数台通っていてトレースがありエスティマを救出し無事帰還しました。

閲覧(627)
まだ、誰もつぶやいてくれないのだぁ~ 淋しいなぁ~